会場マップ
繊維織物製品 青森県
弘前こぎん研究所
青森県の伝統工芸である刺し子、津軽こぎん刺し。麻の着物しか着ることを許されなかった農民が、補強と保温のために布目を埋めるように糸で刺し綴ったのが始まりとされる。 弘前こぎん研究所は1942年にホームスパンの会社として創業。その後津軽こぎん刺しの基礎研究を進め、伝統的な素材や技法を守り次世代へ伝えるべく時代のニーズに合わせたものづくりを目指す。また制作体験などを通して普及活動にも力を入れている。

津軽こぎん刺しコースター制作体験

青森県の伝統工芸である刺し子、津軽こぎん刺しの技法を学びコースターを作ります。様々な名前のついた模様の中から今回は「猫の足」という模様に挑戦します。

予約する
TOP