会場マップ
陶磁器製品 沖縄県
育陶園
壺屋焼窯元育陶園は、先祖代々、那覇市壺屋の地で壺屋焼を営んできた窯元の一つです。 現陶主は六代目、伝統工芸士でもある「高江洲忠」で、線彫技法を得意とした日用器や、五代目で、現代の名工でもあった「高江洲育男」の獅子の型を受け継いだ獅子づくりを得意としています。 先祖から受継いできた壺屋の地で、2021年現在は総勢30名の仲間とともに、沖縄の土・手作りの釉薬にこだわり、一つ一つ焼物を生み出しています。 この景色だけは、時代が変わっても私たちがこの地でモノづくりを続けていく事で次の時代へと続きます。 狭い路地裏の石垣に這う濃い緑の蔦、赤瓦の家、拝所やガジュマルに赤木にふく木。そんな壺屋の景色の一部として、これからもここにあり続けるために「その時代に必要とされるモノづくり」をしていきます。

職人と一緒につくるミニシーサー

壺屋焼の伝統技術と沖縄の素材で、世界で一つだけの やちむんシーサーを職人と作れます。可愛い魔除けの シーサーをおうちに置いてみよう!
会場には壺屋焼窯元育陶園の6代目陶主高江洲忠による蹴ろくろによる作陶実演もお見せします。ミニシーサーづくりでは、7代目高江洲尚平と、シーサー造形部門の次代の継承者高江洲勇志がみなさんのシーサーづくりを見守ります。

<注意事項>
汚れてもよい服装でお越しください。
<感染症対策について>
○会場入り口にてすべてのお客様の検温を行います。
○お客様にマスクの着用を徹底いただき、施設入館時の手指の消毒を行っていただきます。
○飛沫感染防止のため、会場内では大声を出さず会話は最低限に留めていただくようお願いします。
○お客様のお荷物はお預かりできませんので、ご了承ください。

予約する
TOP